演歌の名曲
素敵な演歌
search
70代の男性演歌歌手まとめ。演歌界を支える名歌手たち
最終更新:

70代の男性演歌歌手まとめ。演歌界を支える名歌手たち

古くから多くのリスナーに愛されてきた演歌は、「日本の心」なんて言われたりもしますよね。

とくに年配の方の多くは、子供のころから演歌を聴いて育ったのではないでしょうか?

この記事では、数多くの歌手が活躍している演歌界の中から、70代の男性演歌歌手を紹介していきますね!

世代を問わずに人気を集める歌手はもちろん、演歌好きの方ならご存じのあの歌手まで、幅広く選びました。

もしこの記事をご覧になって気になる歌手が見つかれば、ぜひ記事で紹介している以外の曲も聴いてみてくださいね!

70代の男性演歌歌手まとめ。演歌界を支える名歌手たち

高校三年生舟木一夫

青春の切なさとともに希望を歌った『高校三年生』は、舟木一夫さんの鮮烈なデビュー作として、多くの人々の心に響いています。

遠藤実さんが手がけたメロディは、卒業を目前に控えた緊張と高揚感を映し出し、懐かしさと共に前向きなエネルギーを感じさせます。

歌詞に込められたピュアな感情は、歳を重ねた今でも多くの人の共感を呼び、カラオケで歌えば深い共鳴を生むでしょう。

日本の歌百選に選ばれるほどの名曲を、ぜひ深く味わいながら聴いてみてください。

舟木一夫さんが世に送り出した楽曲の中でも、格別な存在感を放つこの曲は、時間を超えて聴き続けられるでしょう。

RAG MUSIC 編集部

北国の春千昌夫

時を超えて愛され続ける『北国の春』は、日々の忙しなさを忘れさせてくれるような懐かしいメロディと歌詞が魅力です。

千昌夫さんの豊かな表現力によって、聴く人の心に寒い北国の美しい風景と温かい人々の情景が浮かび上がります。

歌う際には、歌詞の持つ物語や情感に思いを寄せることで、より曲の奥深さが感じられます。

カラオケでのレパートリーとしても、世代を問わずオススメできる一曲です。

気になる方は、ぜひ千昌夫さんの他の楽曲も聴いてみてはいかがでしょうか。

RAG MUSIC 編集部

みちのくひとり旅山本譲二

『みちのくひとり旅』は、山本譲二さんの声質が見事に生かされた楽曲で、聴く人の心に響く深い情感を伝えます。

歌唱技術の高さが要求される演歌の世界で、この曲はコブシの効いた表現が特に際立っており、日本人がどこかで親しみを感じるメロディーとなっています。

カラオケでの定番曲としても親しまれ、力強くもありながら、ほろりとさせるような哀愁を感じさせる一曲です。

山本譲二さんの歌う『みちのくひとり旅』を聴けば、演歌の奥深さを改めて感じられるでしょう。

ぜひ多くの方に聴いて欲しい名曲です。

RAG MUSIC 編集部

兄弟船鳥羽一郎

鳥羽一郎さんが歌う『兄弟船』は、荒波を乗り越える漁師たちの壮大な物語を描いた作品です。

作詞は名手・星野哲郎さんによるものであり、海の男たちの豪快かつ繊細な心情を見事に言葉にしています。

一度耳にすれば深く心に響く歌詞と、鳥羽さんの力強い歌声が聴く者の胸を打ちます。

生きとし生けるすべてに対する敬意と感謝、そして人生の儚さを感じさせる本曲は、幅広い年代のファンに聴いていただきたい一曲です。

実体験に基づくリアリティがあり、世代を超えて共感を呼び、心に残るメロディーでオススメの一曲と言えるでしょう。

RAG MUSIC 編集部

釜山港へ帰れ渥美二郎

渥美二郎さんの代表曲『釜山港へ帰れ』。

この歌は、遠い海外の地を想いながら切なくも力強い情感を伝えています。

特に、誰もが共感しやすい歌詞は時間を経ても色褪せることがなく、多くの人の心に響き続けています。

リリースから年月が流れた今でも、カラオケの定番として、また新たなアーティストによるカバーでも聴くことができるほど。

深い愛情と、遠く離れた故郷への郷愁を描いたこの曲は、演歌の魅力を存分に感じることができるでしょう。

クセになるメロディと歌詞に心を込めて、ぜひ一度ご堪能ください。

RAG MUSIC 編集部

続きを読む
続きを読む